6人の中に廊下を走ってしまった人がいる。走ってしまった人は嘘をついているが、走っていない人は本当の事を言っている。廊下を走った人を全て選べ。

A「走ってたのは一人だけ」B「2人で走ってた」C「3人で走ってた」D「走ってたのは4人」E「5人で走ってた」F「6人みんなで走った」
http://twitter.com/sun_rise_dusk/statuses/10753226638888960


Fの証言が正しいと仮定するとA~F全員走ったことになるが証言が正しいってことはFは走っていないはずだから矛盾。つまりFは嘘を付いている。ここまではおk?
http://twitter.com/sun_rise_dusk/statuses/10767064239181824

次、Eの証言が正しいと仮定する。この時当然Eは走っていない。んでEの証言が正しいのだからA~Dは全員嘘を付いている。つまり走ってた。さっきのFの結果含めE以外の5人がはしっているのでEの証言は正しい。
http://twitter.com/sun_rise_dusk/statuses/10769358775132160

余分かもだけどEが嘘を付いてると仮定した場合。Fの結果とEの仮定からEFの二人は走っていることになる。これからAの証言が嘘ということがわかる。ここまでで走った人数計3人。これでさらにBも嘘とわかる。計4人。最後にCも嘘とわかり全員が走ったことになる。
http://twitter.com/sun_rise_dusk/statuses/10770634166501376

余分の続き。6人全員が走っているとFが嘘を付いていることに矛盾するのでEが嘘を付いているという最初の仮定が間違っていたことになりEだけが本当のことを言っているというこになる。
http://twitter.com/sun_rise_dusk/statuses/10771169774936064

まずおれは答えの最初のつまり~以降の発想が出来てなかった時点で終わり
スポンサーサイト

【2010/12/04 04:21】 | ぼっち生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック