乗り鉄の人なら大回り乗車と聞いたら分かると思いますが、解説を。

大回り乗車というのは東京や大阪のJRに設定されている「大都市近郊区間」という区間内で、遠回りの乗車をすることです。

 ex.) 東京駅から秋葉原駅まで普通に京浜東北線を使えば所要時間3分、運賃130円ですが、
    東京駅から中央線乗って新宿まで行きそこから山手線乗って池袋、上野と行って秋葉原まで行っても130円なのです

ただし、この大回り乗車にはいくつかルールがあります。

 ① 同じ駅を二度通ってはダメ
 ② 途中下車は不可能
 ③ たとえ大都市近郊区間に含まれていても新幹線は使用不可

は?何しゃべってんのこのコミュ障?って言う方はAll Aboutのほうをどうぞ。
http://allabout.co.jp/gm/gc/63154/


この大回り乗車を初めてやったのが昨年11月。
目的はあくまでもゼミ課題(本の要約)を終わらすことでした。
んなもん家でやれよって言われるのも当然ですが、電車に乗って課題やると集中できるんですよね。
PCとかテレビとかも遮断できるし。大回り乗車は今でも使ってます。
そのときの行程予定を載せておこうと思います。(列車番号、時刻は当時のもの。距離は累計)


JR奈良線
 稲荷7:48発 → 京都7:53着 2駅、2.7km
JR京都線 733T
 京都8:08発 → 大阪8:50着 10駅、45.5km
JR大阪環状線 3328K
 大阪9:03発 → 天王寺9:16着 9駅、56.5km
JR阪和線 天王寺~日根野 557H
 天王寺9:26発 → 日根野10:50着
     日根野~和歌山 1159H
 日根野10:54発 → 和歌山11:28着 35駅、91.4km
JR和歌山線 和歌山~高田 448T
 和歌山11:50発 → 高田14:03着 30駅、167.4km
JR桜井線 (現・万葉まほろば線とか言う糞みたいな愛称の付いてる路線) 高田~奈良 554T
 高田14:09発 → 奈良14:57着 13駅、196.8km
JR大和路線 奈良~久宝寺 1831K
 奈良15:07発 → 久宝寺15:45着 11駅、227.2km
JRおおさか東線 久宝寺~放出 2481S
 久宝寺16:11発 → 放出16:24着 6駅、236.4km
JR学研都市線 放出~松井山手 4554C
 放出16:36発 → 松井山手17:11着
       松井山手~木津 5500M
 松井山手17:22発 → 木津17:46着 21駅、278km
JR奈良線 木津~桃山 662M
 木津18:04発 → 桃山18:57着 14駅、305.5km


以上はあくまでも予定です。
実際は、旅はうまくいかないもので阪和線内で遅れが発生し、桃山駅に着いたのは20時頃でした。

画像は乗った路線を赤線でたどったやつ。木佐貫がファン感で語ってた趣味(歩いたところを帰った後地図で見返すこと)よく分かる。
img_cache_d_141132_1_1257708283_jpg.jpg





阪和線と和歌山線だけは二度と乗りたくない。長くて疲れる。
スポンサーサイト

【2010/12/06 23:26】 | 鉄道
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック